茨城県臨床心理士会とは?

 日本臨床心理士資格認定協会の行う臨床心理士資格試験に合格した人で、茨城県在住あるいは茨城県内に職場のある臨床心理士で構成されています。会員相互の交流と情報交換を行い、臨床心理士として資質向上のための研鑽の機会を設けることを目的としています。

 

茨城県公認心理師協会へと名称変更いたしました

茨城県臨床心理士会は心理職の国家資格として公認心理師が誕生するのを機に、臨床心理士の職能団体から、公認心理師と臨床心理士の職能団体に組織を変更します。これに伴い、2019年4月1日をもって団体名を「茨城県公認心理師協会」と変更いたしました。

これを機に茨城県における心理職の職能団体として、公認心理師と臨床心理士の研鑽を重ね、資質向上のためにさらに努力してまいります。

今後ともご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

茨城県公認心理師協会 会長 杉江 征

 

ホームページは移転します

ホームページは移転作業中ですが、茨城県公認心理師協会のホームページは以下のリンク先となっております。どうぞよろしくお願いいたします。

茨城県公認心理師協会https://iacpp.jp/

 

入会を受付中です

 茨城県公認心理師協会では、公認心理師、臨床心理士の皆さまの入会を随時受け付けております。

 なお、本会は一般社団法人日本臨床心理士会に所属する茨城県内の団体会員です。

 

入会資格

 本会の入会資格は、茨城県およびその隣接地域に居住または勤務地を有する公認心理師または認定臨床心理士(財団法人日本臨床心理士資格認定協会により認定された臨床心理士)です。

 ※公認心理師または臨床心理士のどちらかの資格をお持ちの方は入会することができます。

 ※入会ご希望の方など、お問い合わせは以下のメールフォームからお願いいたします。

 メールフォーム

  

  

記録的豪雨により被災された皆様に

 この度の記録的豪雨による鬼怒川の決壊で、被災された皆様、被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。茨城県臨床心理士会は、今回の記録的な豪雨災害に際して、心理的支援を行ってまいります。

 このような自然災害後、被災された方々には心身両面に渡って多くの影響があることが知られております。心身に及ぼす影響や問題について役立つリーフレットを下記に示しましたので、活用いただければ幸いです。

 本会では、9月12日に被災者支援のための会議を設置しまして、被災者支援窓口を開設しました。今後、他機関・団体などとの連携をはかりながら、支援活動を行ってまいります。

茨城県臨床心理士会豪雨被災者支援窓口

 被災者の支援に関するご提案、ご依頼は、以下のリンクをクリックしていただき、メールフォームにてご連絡ください。

 茨城県臨床心理士会豪雨災害被災者支援窓口へのお問い合わせはこちらから

茨城県臨床心理士会の提供する資料

資料のご利用にあたって

 現在の所、震災被害に関する資料を提供しております。水害被災に関するリーフレットは、作成され次第、順次追加していく予定です。しばらくお待ちください。

 下の「一覧を表示する」ボタンをクリックしていただければ、現在提供の資料が表示されます。

 

常総こころの相談のご案内

「関東・東北豪雨」から1ヶ月が過ぎました。この時期は被災直後の緊張感が解けて,こころの疲れが出やすくなると言われています。「疲れやすい」「生活リズムが戻らない」「気持ちが落ち込む」など,気になる症状をお持ちの方は,ぜひご利用ください。相談内容の秘密は厳守いたします。

「こころの相談室」、「いばらきこころのホットライン」、「夜間の出張相談」が開設されております。詳しくは、下のバナーをクリックしてチラシをご参照下さい。

茨城県臨床心理士会事務局

〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1
茨城大学大学院教育学研究科臨床心理相談室内

FAX 029-228-8651

日本臨床心理士会が運営する臨床心理士検索サイトです